ボトックスはエラを削る

医者と看護師

小顔矯正をしても、中々効果がでないという人におすすめなのが、ボトックスによる小顔になる方法です。小顔になれない理由として「エラ」があります。エラは脂肪ではなく筋肉なので、脂肪と違って普段食事等で使う筋肉は言うなればいつも筋トレをしている状態で中々小顔になることが難しいのです。しかし、その悩みを簡単に解決できるのがボトックスです。ボトックスは筋肉の張りを抑える効果があります。ですから、咬筋と呼ばれるエラの筋肉に注射するだけで簡単にエラを削ることができるのです。小顔になりたい最短ルートといっても過言ではないでしょう!咬筋と呼ばれる筋肉は噛み合わせや食いしばりにより、どんどん大きくなってしまいます。普段から食いしばりをしないようにすることが重要です。しかし、もう大きくなってしまった咬筋は今日食いしばりを辞めたからといっても小さくなるものではないのです。ですからボトックス注射をすると咬筋が小さくなり、食いしばる力も少なくなるので相乗効果に繋がるのです。エラのボトックスはすぐに効果が現れるわけではありません。個人差がありますが、徐々に咬筋がちいさくなり、3週間ほどでかなりの効果感じるはずです。効果の持続は人によりますが、効果がなくなったと感じたら、もう一度注射に行きましょう。注射を何度も打つの?お金も時間もかかる!と心配の方はいませんか?実はボトックスは継続してうつほど持続性が長くなることが知られています。持続が長くなれば、施術に行く頻度も減りますので、お金も時間の負担も小さくなります。まだ、迷っているあなた。もしかして「注射が痛そうで怖い」と思っていますか?大丈夫です。美容整形外科ではクリームの麻酔があるので、注射の痛みの和らげることができます。本当に筋肉質なエラに困っているなら、急いで美容整形外科に相談しましょう。ちなみに美容整形外科というと敷居が高いと感じる人も多いですが、ボトックスなら施術時間も短時間ですし、エステやマッサージ感覚で施術してもらうことができますよ。